2011年06月25日

PPM理論

006_PPM_001.png

「PPM理論」

PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)理論とは、縦軸に市場成長率、横軸に相対的な市場占有率をとったチャートにより、企業が自らの事業のバランスを視覚的にとらえるための考え方です。

PPM図_002.png

これによる考え方は以下の通りです。
@資金源である「金のなる木」から得られた資金で「問題児」の市場占有率を上げたり、「花形」の市場占有率を維持する
A「問題児」を「花形」へ、「花形」を「金のなる木」へと移していき、「金のなる木」は「負け犬」にならないように占有率の維持を図る
B「負け犬」は撤退も検討する
C「金のなる木」をいくつか持った上で、将来性のある「花形」と「問題児」がバランスよく配置されているのが望ましい

なお、この考え方は「PLC(製品ライフサイクル)」や「経験曲線効果」といった考え方が前提となっていますが、以下のような問題点を包括していることも併せて覚えておくとよいと思います。

【PPMの問題点】
@経営資源を財務の観点のみから判断
A事業間のシナジー等、質的面軽視
B新たな手掛かりではない分析型アプローチ
C「負け犬」配属者のモラール低下
D「金のなる木」への投資委縮
E市場の位置づけ根拠が不明確


posted by RMCはっちん at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。